女性らしさを追求する|バストアップで魅力的な体を手に入れる

ウーマン

自分の体の成分を使う方法

美容整形

豊胸手術の方法は日々進化していて、シリコンバッグを使用せずに行なう手術方法もたくさん存在しています。体内に人工物を入れることに抵抗がある方は、脂肪幹細胞注入法という豊胸手術がオススメです。他の手術と大きく違う点は、自分の細胞や血液を使用してバストアップさせるという点です。従来のバストアップでは、シリコンバッグやヒアルロン酸などのものを体内に取り込む手術方法が主流でした。近年、医学の進歩によりアレルギー反応や拒絶反応が出ない手術方法が確立されてきているのです。脂肪幹細胞注入法というものはどのような手術なのかを知りましょう。バストアップしたい方には豊胸手術の選択肢として役に立ちます。自分の体の気になる部分から脂肪を吸引することから始まります。例えばお腹まわりや背中などの脂肪を吸引し、脂肪を胸に注入します。胸は脂肪でできているので、脂肪を注入すると胸が大きくなるのは当たり前です。ではなぜ今までそのような手術方法が定着していなかったのでしょうか。それは他の部位の脂肪を胸に注入しても定着せずにバストサイズが元に戻ってしまっていたからです。近年の研究により、胸に他の部分の脂肪を定着させることに成功しています。脂肪の定着には幹細胞という細胞が必要だということがわかったのです。吸引した脂肪から幹細胞を取り出し、自分の血液と一緒に注入することによって脂肪が定着することがわかりました。脂肪幹細胞注入法は、気になる部分の脂肪を吸引して行なうものなので、バストアップのみならず美しいボディラインを作ることができる手術方法だといえます。また、自分の体内から抽出したものしか使用しないのでアレルギー反応などを気にすることがなくなりました。バストアップのついでに美しいボディラインを手に入れることができ、体にも優しい手術方法なので人気が出てきている手術方法です。自分の理想の体型を手に入れたいと考えている方にはとても嬉しい方法ではないでしょうか。脂肪を吸引する作業などもあるのでシリコンバッグを入れる手術よりも少し大掛かりになるのですが、総合的に美しい体を手に入れることができます。バストアップとシェイプアップを考えている方は、脂肪幹細胞注入法で理想の体を目指すのも良いでしょう。