女性らしさを追求する|バストアップで魅力的な体を手に入れる

ウーマン

体に負担をかけない素材

バストを測る人

豊胸手術で最も知名度が高い手術方法といえばシリコンバッグを胸の中に入れる方法ではないでしょうか。最新のシリコンバッグは一昔前のものよりも体内に馴染みやすく、違和感のない自然な仕上がりにすることができます。シリコンバッグを体内に入れることをイメージすると、恐怖心を覚える方もいるのではないでしょうか。シリコンバッグが体内で破損しないか、ズレてしまって違和感のある胸になってしまうのではないかなどの心配が頭をよぎる方もいると思います。近年はそういった心配をする必要はありません。バッグの強度を上げることで体内にシリコンが漏れ出す心配もありませんし、体に悪影響を及ぼすことのない素材を使用しているので安心して手術を受けることができます。シリコンバッグを使用したバストアップには大きな特徴があります。それは、自分の理想のバストサイズにすることができるということです。シリコンバッグには様々なサイズのものがあるので、自分が理想とするバストサイズのものを選ぶことで簡単に美しいバストを手に入れることができるのです。従来のシリコンバッグは体内に入れると体が違和感を覚え、シリコンバッグを包み込むように被膜を張ってしまうということがありました。被膜は収縮するという特徴があるので、シリコンバッグが引っ張られてしまい変形してしまうことがありました。こういった症状を被膜拘縮とよびます。最新のシリコンバッグはこの被膜拘縮が起こらないような構造になっているので、面倒だった再手術をする必要がないのです。バストアップのための手術はダウンタイムを合わせると二週間前後かかります。被膜拘縮の手術をするとなるとその倍の期間が必要と考えても良いでしょう。最新のシリコンバッグは被膜拘縮が起こりにくいものなので、手間を省くことができます。自分の理想のバストを手に入れたいという方はシリコンバッグでバストアップする方法も検討してみましょう。以前よりも手術が手軽になったといえます。平均手術時間は一時間ほどです。術後の痛みも筋肉痛のような軽い痛みで済むので、痛みに弱い方も手術を受けることができます。バストサイズが自由に選べるというのはとても嬉しいことです。バストアップを考えている方は一度調べてみましょう。